Business contents

事業内容

  • Chevron Forward Circle SDGs達成を推進する自社コンテンツの企画運営
  • Chevron Forward Circle コスト削減及び利益率をアップさせるSDGs経営のサポート
    商品企画開発、人材研修etc
  • Chevron Forward Circle 持続可能な企業ブランディングのサポート
    経営企画、商品企画開発、マーケティング、広報活動、CSR活動etc
  • Chevron Forward Circle ステークホルダー、メディアにSDGs活動を伝えるサポート
  • Chevron Forward Circle SDGs達成を推進する商品やサービスの自社展開
  • Chevron Forward Circle SDGs経営に関わるサポート全般

Corporate mission

コーポレートミッション

次世代のために次の時代をつくる

ネクストエージという社名そのものが、
コーポレートミッションになっています。

人間は次世代に継ぐことを繰り返してきた生き物です。
いつの時代も、次世代が次の主役となることは、
古来も未来も変わらぬ真実です。

いつの時代も、次世代がより良い時代を迎えられるように、
次の時代をつくっていく。

今だけでなく、未来を想い、正しく紡ぎつづける。
それがネクストエージの使命であり、存在意義です。

Corporate culture

コーポレートカルチャー

偉力を以て社会をなせ

コーポレートカルチャーとは、
人間でいう「人格」の根幹となるものです。

ネクストエージは、突然に幸せが奪われない社会、
誰もが一度は幸せを感じる社会の実現を目指す企業です。

「偉力を以て社会をなせ」とは、「つねに実力を研鑽し、
その素晴らしい効果をあげる力をもって、目指す社会を実現する」という意味です。


このコーポレートカルチャーは、ネクストエージの生まれ持った性格であり、
未来もずっと変わることはありません。

そして、私たちは地域一、日本一、世界一は目指しません。
一番よりも、偉力を以て目の前の一人と向き合います。

Corporate symbol

シンボルマークについて

こちらは、いわゆる企業ロゴのことです。
この企業ロゴにネクストエージのすべてが凝縮されています。

円形の家紋のようなマークは、
売り手、買い手、世間(社会)の3つの円が重なる事業領域だけに特化した、
「三方よしのSDG経営」を推進する企業であることを表現しています。

また、ネクストエージは次世代と現役世代の両者が存在する会社です。
NEXT AGEの英字部分は、その両者の存在を表現しています。

次世代を現役世代が下支えする時もあれば、
現役世代を次世代が若い力で下から押し上げる時もあります。
「どちらが上か下か」ではなく、次世代と現役世代が、
臨機応変に支え合うデザインとなっています。

Board member

役員

取締役社長
一柳 翠(Ichiyanagi Midori)
2001年生

大阪府立大学
生命環境科学域理学類 在学中

取締役副社長
浅見 咲菜(Asami Sana)

2001年生

順天堂大学
医学部医学科 在学中

代表取締役
吉村大作(Yoshimura Daisaku)

1980年生


経歴:金融機関、無職、スタートアップ、新聞編集長

Why are we?

ネクストエージ創業ストーリー

創業と社会への想い

私はネクストエージを2021年春、40歳の時に設立しました。

私は大学を卒業し、サラリーマンを経て、父の病気での急死を機に、
父が起こした地域新聞の編集長に就任しました。
母からは「あなたは人の役に立つ人材だよ」と育てられてきました。

しかし、20代のうちは人の役に立ったと言えるようなことは一度もできていませんでした。
20代半ばに、「社会を良くしよう」という意思表示をするシールを千枚作りましたが、
1円で販売しても、誰も買ってくれることはありませんでした。
たった1枚だけ、母の自転車の車輪カバーに貼られました。
「自分は本当に人の役に立てる人材なのか?」と自信を失い、
人の役に立とうとする気持ちすら忘れていました。

そんな私に2011年3月11日、転機が訪れました。
自然の猛威が東北の人々の暮らしを飲み込む映像が、テレビから無情に流れ続けました。
その映像に、ただただ、涙が止まりませんでした。
「ここで何もしなかったら、この先、一生何もできない」。

私は、震災さえ無ければ行われていたであろう日常を取り戻すプロジェクトを一人で立ち上げました。
失った自信のことも忘れ、無我夢中で被災地のために動き始めました。
美容室再開のための商売道具一式の調達、中学生バスケットボール部の消えた公式戦の復活、
中止になった結婚式や学習塾の卒業旅行の実現など、1年間以上をかけて、
被災地の100つの願い事を叶えることができました。

私は多くの方々の支援を受け、
「人の役に立つことができる」という気持ちを感じることができました。

ものごとの本質を捉える

そこからは、自分のできることを見つけては実力の範囲を伸ばすことを、
何回も繰り返しました。
貧困、環境、教育など、SDGsの言葉が生まれる前から、
熱心に取り組んできました。
過去に1円をシール1枚も販売できなかった青年の社会活動は、
世間から高い注目を浴び、公共放送の看板番組で特集され、
誰もが知るニュース番組や情報番組に幾度も取り上げられました。

しかし、その裏で、私は社会の本質を目の当たりにしていました。
社会活動をする際、私は何の報酬も求めずに、
「社会に良いことをしたい」と人々の心に訴える日々。
企画を提案しても、門前払いをされることは日常茶飯事。
内閣府の統計では、
社会貢献を実際の行動に移せている人は約2割だという調査結果が出ていますが、
明確な対価を提供しない仕組みに限界を感じていました。

近年は、SDGsという言葉が盛り上がっています。
これは非営利セクターに関わる人々の努力の賜物です。
勇気ある人々の行動がなければ、
営利企業がSDGsを真剣に考える時代を迎えることは決して無かったでしょう。
こうしたSDGsの高まりの中で、
「買い物は投票だ」という考え方が生まれます。
市民が日々消費していくものを、エシカルでサステナブルなものを選んでいくことで、
選ばれなかった商品やサービスは淘汰され、
社会全体が向上していくというものです。
現代において、ほとんどの市民は、
企業が作った商品やサービスを消費せずに、1日たりとも過ごせないはずです。
それほど企業の影響力は大きく、
買い物でどれを選ぶかによって、
未来が変わっていくというのは紛れもない事実です。

私は「買い物は投票」であるとすれば、
「今、選択するだけの立候補者は揃っているのか?」と疑問に思いました。
エシカルでサステナブルな商品は、総じて高いものが多いのが現状です。
買い物は投票という言葉は一見、平等な言葉のように見えて、
実は人々の生活力によって投票候補の幅が大きく変化します。
普段慣れている範囲内の価格で買う人がほとんどで、
日々生活する本能が、未来という不確定さよりも、
今日の一日に重きを置くのです。

「企業は経済合理性で動く。
企業に明確な数字やメリットを提供できれば、
多くの市民が投票できる商品やサービスの絶対数を増やすことができる」。
私はそう考えました。
ネクストエージは、ものごとを本質的に捉えることからスタートしました。

全くの無名から始まったネクストエージは、
設立当初から世界や全国に配信するメディアに多く取り上げられ、
その考え方に共感する人々を増やし、
設立わずか数ヶ月で取引先を上場企業にまで拡大しました。
ネクストエージが描いた社会は、
日に日にその存在感を増しています。

主役はいつも次世代

私はネクストエージを設立する際に、決めていたことがあります。
それは、次世代に自分自身の経験や意志を継いでいくということです。
人間は次世代に継ぐことを繰り返してきた生き物です。
いつの時代も、次世代が次の主役となることは、
古来も未来も変わらぬ真実で、
若いうちから次世代がチャレンジできる環境と機会が必要です。

こうした考えから、現役大学生に、
取締役社長と取締役副社長を1年交代で務めてもらっています。
1年で大きく成長した大学生を卒業させるのは損失に違いありません。
しかし、卒業生がネクストエージで得た経験や能力をあらゆる分野で発揮することで、
社会全体の利益を生むというコンセプトは、
結果的にネクストエージの評価を大きく上げています。

ネクストエージが目指すもの

ネクストエージは実益を数字でクライアントに提供する企業ですが、
その起源はどこまでも人間くさい感情や想いです。
突然に幸せが奪われない社会、
誰もが一度は幸せを感じる社会。
こうした社会の実現を、
一部でも担っていくことを根底にして、
事業を発展させてまいります。
そして、私たちは地域一、日本一、世界一は目指しません。
一番よりも、目の前の一人と向き合います。

もし、SDGs達成のパートナーを探している企業様や、
社会にチャレンジしたい大学生や社会人の皆様で、
「ネクストエージに興味がある」と思って頂けたなら、
いつでもお問合せください。
共に次の時代をつくりましょう。

株式会社ネクストエージ創業者

Company

会社概要
  • 会社名 : 株式会社ネクストエージ
  • 住所 : 〒550-0013 大阪市西区新町3-2-18TMビル3階
  • 事業内容 : 企業のSDGs達成を推進する総合企画コンサルティング
  • 設立:2021年4月1日
  • 取締役社長:一柳翠